初心者のWord(ワード)基本操作入門
HOMEHOME

リスト番号の設定と書式変更(節・項)―Word(ワード)長文の作成




カテゴリ
・新規文書の作成
・文書の保存
・文書の開閉
・ヘルプの起動
・ひらがな、漢字の入力
・英数字、カタカナの入力
・文字列の選択
・誤操作のやり直し
・段落の配置調整
・段落の行間隔設定
・段落の前後間隔調整
・段落にタブを設定
・段落にタブを挿入
・段落にインデントを設定
・文字列を均等に設定
・文字列、段落の移動
・文字列、段落のコピー
・文字列の書式設定
・文書書式の設定
・図、クリップアート、テキストBOXの設定
・表、行、列の挿入
・図形と直線
・文書の見出し
・本文
・文書印刷
・電子文書
・ポイント
・クリック
・ダブルクリック
・右クリック
・ドラッグ
・ドラッグ&ドロップ
<章・節・項の見出しの作成> <見出しレベル(階層)を下げる> <見出しに対する本文入力>
<見出しの表示と順序変更> <リスト番号の設定と書式変更@>

<リスト番号の設定と書式変更A(節・項)>

 見出しは、見出しごとに「第1章」、「第1節」、「第1項」というふうにリスト番号を付けると見出しのレベル(階層)や順序を把握しやすくなります。また、リスト番号の書式は自由に変更することができます。

リスト番号(節)の書式変更

「ホーム」タブの「段落」グループから節番号の書式を変更
リスト番号(節)の書式変更
@・・・「ホーム」タブを左クリック A・・・1行目の見出し1(章)にカーソルを置く
B・・・「アウトライン」を左クリック C・・・「新しいアウトラインの定義」を左クリック
「新しいアウトラインの定義」ダイアログから節番号の書式変更
「新しいアウトラインの定義」ダイアログから節番号の書式変更
D・・・「第1節」を左クリックして
見出しレベル2を選択
E・・・「このレベルに使用する番号の種類」から任意の番号を左クリックすると適用される
F・・・「次のレベルの番号を含める」
から「レベル1」を選択
書式番号の「@第@節」を「@−@」へ変更
書式番号の「@第@節」を「@−@」へ変更 G・・・「番号書式」の「@第@節」に任意の文字を入力
(ここでは「@−@」と入力)
節番号の書式が変更される
節番号の書式が変更される
H・・・節番号の書式が変更される

リスト番号(項)の書式変更

「新しいアウトラインの定義」ダイアログから項番号の書式変更
リスト番号(項)の書式変更
@・・・「第1項」を左クリックして
見出しレベル3を選択
A・・・「このレベルに使用する番号の種類」から任意の番号を左クリックすると適用される
番号書式の「第a項」を「(a)」へ変更
番号書式の「第a項」を「(a)」へ変更 B・・・「書式番号」の「第a項」に任意の文字を入力(ここでは(a)と入力)すると項番号の書式が変更される

C・・・「OK」を左クリックしてリスト番号(節・項)の書式変更を文書に適用させる
リスト番号(節・項)の書式が変更される
リスト番号(節・項)の書式が変更される
D・・・リスト番号(節)の書式が変更される E・・・リスト番号(項)の書式が変更される

番号リストと見出しの間の空白をスペースへ変更

 番号リストと見出しの間には、タブによる空白ができます。この空白をスペースへ変更する方法は下記の通りです。

番号リストと見出しの間の空白をスペースへ変更 「アウトライン」を左クリック
        ↓
「新しいアウトラインの定義」を左クリック
        ↓
「新しいアウトラインの定義」ダイアログから「オプション」を左クリック
        ↓
「番号に続く空白の扱い」から「スペース」を選択
        ↓
「OK」を左クリック


・2007Microsoft Office Wordのセットアップ ・2007Microsoft Office Wordのライセンス認証 ・Wordのオプション ・ローマ字かな入力対応表

2007Microsoft Word は文書作成ソフトとしてMicrosoft Officeの中核的な存在です。ビジネスからプライベートまで、使い道は無限大。Word(ワード)の基本操作(入門編)や応用操作などを紹介します。初歩から専門スキルまで習得できる「無料Word(ワード)学習サイト」です。

リンク-海釣り渓流釣り情報入門館-借金返済や多重債務の相談サイト-初心者のかんたん麻雀入門
・海釣りとは?・渓流釣りとは?・シーズン別・潮汐表・保護水面等設定水域・天気図・魚図鑑・魚釣り用語集・釣り餌集・釣り用具の手入れ法・糸の結び方・仕掛け集
Copyright (C)2007−2010 初心者のワード(Word)基本操作入門.All Rights Reserved.